ビザスク初ディレクターのお仕事

こんにちは。ビザスク開発グループ、ディレクターの加藤です。

私はビザスク初のディレクターとして入社しました。
主に社内システムの開発を担当するビザスク開発グループに配属され、もうすぐ5ヶ月になります。
ディレクターという響きはカッコイイですが、実際どのような仕事をしているのかをご紹介したいと思います。(techな話は一切出てきません。ごめんなさい!)

ディレクターとは何者か

「そもそもディレクターって何する人なの?」

とよく聞かれます。ええ、そうですよね。「名前カッコイイけど何者なのかよく分からないランキング」とかがあったらきっと1位です。
ディレクターとは何する人なのか、、、正直なところ、私自身もよくわかりません。
会社によってその業務範囲が異なることはザラですし、曖昧な職種なんですよね。

弊社のディレクターの役割

では、弊社ではどのような役割なのでしょうか。

一言で言うと、「社内のビジネス側メンバーとエンジニアをつなぐ役割」だと思います。

私の所属するビザスク開発グループでは、主に社内システムの開発を担当しています。
その中でディレクターは、ビジネス側が抱えている課題や要望を拾い、機能に落としてエンジニアに開発を依頼する、というのが主な業務です。

ディレクター不在時期は、エンジニアがビジネス側にヒアリングをして機能に落として自ら実装する、、といったことをしていて、エンジニアがディレクターの役割も担っていたそうです。
弊社のエンジニアは優秀なのでそんなことも出来てしまうのですが、開発作業に時間を割けないという問題がありました。

もちろんエンジニアが仕様検討に関わるのは大切なことですが、もう少し開発作業に専念できるようにするため、ディレクターが出現しました。

普段のお仕事

普段のディレクターの業務は、先に挙げたとおり、

社内のビジネス側メンバーの困りごとや要望を機能に落とし込んで開発を依頼する

ことです。

ビジネス側のメンバーが使っている社内システムは、弊社の業務に特化し細部まで作り込まれています。
そのため、ちょっとした機能改修をするのも悩ましい時があり、どうやって解決させるかを日々奮闘しながら対応しています。

こんなコトもやらせてもらえる

当初は社内システム開発のディレクションを担当していましたが、それだけだと飽きてしまいこんなコトもやらせてもらえました。

開発のワークフローの変更

チームに積まれているタスクが多いため、今後メンバーが増えていくにあたり、管理がしづらくなるだろうという問題が挙がりました。
そこで、チームで課題出しMTGを実施し、何ができれば良いのかを整理してフローの整備を行いました。

まだ入社して1ヶ月経っていない頃に行ったのですが、ペーペーの私の意見もちゃんと聞いてくれて、とてもありがたかったです。

アドバイザー向け機能のUI改善プロジェクトに参加

私は前職で toC のサービスに携わっていたこともあり、弊社にとっての「C」であるアドバイザー向けの機能にも関心がありました。

動作確認などで触っていると、ディレクターの性なのか気になってしまうため、

「ココのこういう部分をもっとこんな風にしたいんですよね〜( ・`ー・´)」

などと呟きつづけた結果、アドバイザー向け機能のUI改善プロジェクトに参加させていただけることになりました!
言ってみるもんですね。

勝手にSEO施策を提案

これもまた、前職でWebサイトのSEO対策を対応してきたため、弊社のサイト ( ビザスクlite ) のSEO対策が気になっていました。
別件で何ページか確認していたら我慢できなくなり、SEO改善施策を勝手に立案し、担当部署に提案をしてしまいました。

担当部署の方からは

「SEOの対応はスケジュール的にはもう少し先の予定なんだよね。。。(・ω・`;)」

とやや困惑されながらも、少しずつ対応していたけることになりました!
やっぱり言ってみるもんですね。

最後に

弊社では、期待された役割のみではなく、自分から手を挙げれば色々なことをやらせてもらえることが分かりました。
今後も会社と共に成長していきたいと思う所存です。(まじめ)

エンジニア積極採用中

ビザスクでは一緒に働くエンジニアさん積極採用中です。
ご興味のある方は下記よりお気軽にご連絡ください。

エンジニアを募集しています

ビザスクでは、エンジニアとして働きたい方を募集しています。
ご興味のある方は下記よりお気軽にご連絡ください。